文字サイズ

親が干渉してくるのは、あなたの○○オーラ

講師の佐藤です。9月1日のお勉強会でのお話です。

親が、私の行動をいろいろと問い詰めてきて、イヤなんです。

「どこに行ってたの?」 「誰と会ってたの?」 「どうしてこんなに遅いの?」

と語るのは30代の女性。

もういい大人なのに、親は、心配なんですね。だから、あなたの行動を把握したいし、あれこれ注意したい。逆に言えば、あなたを信用していないんです。

「親に、ウソをつかず、ちゃんと答えた方がいいですか?」

「ちゃんと答えれば、止めなさい!とか否定されるからイヤなんです。」

「でも、何も答えないと関係が悪くなるんです。」

言っても、言わなくても、うまくいかない・・・

いつも、親の目が気になって、いつまた何を言われるのかと、ビクビクしてしまう毎日。うんざりですよね。

「なんで、親は分かってくれないの?」

と、ついつい、親を悪く言ってしまう気持ち、よく分かります。 だって、あなたは親に信用されていないと感じてますね。一番身近な家族に信用されないって、辛いですよね。 でも、原因は、あなたが親の不安な心を満たしてないからです。

親は、あなたが何か危険な目にあったり、良からぬことをやって、不幸になることを心配しています。

【あなたの幸せを願う心】が根底にあるから、心配するんですね。

つまり、あなたから不幸オーラが出てるんです。

原因【あなたの幸せを願う心】→ 心配になる → あなたの行動を知りたい

行き先、会う人、帰る時間などを確認して「それなら大丈夫」と安心する癖がついています。つまり、それらを聞いて確認できないと不安になってしまうわけです。

それは、『あなたが自分の行動を伝えることで、親を安心させる』という方法をとってしまっていたから、こうなっちゃってるんです。

だから、『あなたが自分の行動を伝えずに、親を安心させる』ことが解決策。

まずは、親の質問には、答えない。「あなたが自分の行動を伝える」のをやめなければ、このサイクルから抜けだせません。

「私は危険なこともしていないし、悪いこともしていないよ!」と堂々とすることが大切。

いつも、楽しく笑顔でいること。不幸オーラを消しましょう。

あなたが幸せにしていれば、徐々に安心する気持ちが出てきます。原因である【あなたの幸せを願う心】が満たされていくからです。

出かけるときも、帰ってきたときも、心の中でビクビクせず堂々として、「楽しいところに行ってくる~」、「楽しかった~!」と笑顔でいれば、いいんです。

「どこに行くの?」 → 「いいところ~♪」 「誰と会うの?」 → 「とっても素敵な人~♪」 「何時に帰るの?」 → 「楽しいから、遅くなっちゃうかも~♪」

親に子離れをしてもらうために、あなたが毎日幸せになりましょう!

自分で自分を幸せにする。そうすれば、あなたも親離れができますね。

投稿日:

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
ページの先頭へ