文字サイズ

家庭の太陽

今日は「真理の話」をお伝えしました。 お越しくださったのは、 先天的に重度の障害を抱えたお子様たちを持つ若いお母様方3人。

道に迷い、渋滞に遭い、長時間かかって到着して、 それから2時間以上、お母さん達をじっと静かに待っているお子さん達。

素晴らしいお子さんたちだなあって思いました。

お母さん達が、笑顔でキラキラと暮らしていたら、 感受性の鋭い子供さん達こそ、嬉しいよね。

障害を持つ子供がいるからって、 あれも我慢、これも我慢と、 自分をあまり犠牲にしないでね。

それはお子さん達も決して望んでいないと思う。

困ったら、自分で抱えずご主人や上の方に相談してね。

お母さんは、いつも家庭の太陽であってほしい。

お母さんたちとお話しをしながら、 車いすでも一生懸命自立して生きようとしているお子さんたちを見ていると、 逆に私が教えられ、励まされた気がします。

お母さん達、3人で励まし合いながら、人生を充実させてね!

写真は、隣家のお花畑からいただいた花々。 ストロベリーキャンドル、百日草、高砂百合。

家庭の太陽

いただいたものをそのまま花瓶に挿しただけだけれど、 それぞれの花に個性があって、美しいです♫

人も、花も一緒だね(^_-)☆

笑顔で帰られる皆さんを見送って、私も元気をいただきました(*^_^*) ありがとうございました<m(__)m>

投稿日:

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
ページの先頭へ