文字サイズ
Blog
印刷範囲
全体プリント
本文プリント

聖カタリナ大学 ホビノ学長とカルペンティエール宗教画

松山の聖カタリナ大学へ、ホビノ・サンミゲル学長を訪問。

聖カタリナ大学は、瀬戸内の自然豊かな環境下、人間愛に基づく家庭的な雰囲気で学生さんを育てていらっしゃります。

ホビノ学長はスペイン人で、聖ドミニコ修道会所属。神学がご専門。
各地で講演もされているそうです。

学長室の書棚には文明論やキリスト教、神学の本等が沢山並んでいました。

キリスト教の「復活」と仏教の「輪廻」について解説していただき、
真理を追究している私にとっては、とっても興味のある分野で、思わず聴き入りました。

20代の前半にキリスト教徒のアメリカ人友人に誘われて、聖書を読んでいたことがあるけれど
その頃は気付かなかったことも、今になるとわかることがありますね。

ホビノ学長は、私も通ったスペインのVALLADOLID大学で学ばれたそうで、共通の話題もあり、あっという間に1時間。

また機会を作って是非お話を聴かせていただきたいと思いました。


聖カタリナ大学内に併設されている世界的に著名な宗教画家、
アルベルト・カルペンティエール ギャラリー。http://www.catherine.ac.jp/gallary/
ここは4月のリンリン♪ツアーで見学にお邪魔したギャラリー。
素晴らしい作品がいっぱい所蔵されています。
写真 2014-08-01 10 56 10

学長とカルペンティエール氏が聖ドミニコ修道会繋がりで、
カルペンティエール氏から沢山の作品の寄贈を受けていらっしゃるそうです。
写真 2014-08-01 10 56 45
写真 2014-08-01 10 55 21
写真 2014-08-01 10 58 22

それにしても、素晴らしい芸術作品に囲まれ、
また人間愛と真理の探究に重点を置き、心の教育を大切にする学長さんの下で学べるって、
恵まれた環境だなあって思いました。
素晴らしい作品群は地域の皆さんの宝でもありますね。

スイスにあるアートの街、BASELのように(^_-)☆

 

松山でのひととき、とても豊かな学びの時間でした。

大学へ同行して、素敵な時間をご一緒してくださった元事務長さんの廣島さん、
ご多忙な中、お時間をくださったホビノ学長、
いつも温かく受け入れてくださる職員の和田様、皆様、
ありがとうございました。

写真 2014-08-01 10 27 07
投稿日: | 投稿者:satoko

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
ページの先頭へ